直葬でもお寺さんにお経は上げてもらえるの?

直葬でもお寺さんの読経は可能なのかについてご説明します。火葬だけの葬儀

直葬でもお寺さんにお経をあげていただけます

よく「お寺様の読経はしてもらえるの?」とご質問をいただきます。

直葬での葬儀の場合、お寺様の読経のお時間的には「5分から10分程度の読経」になります。その際にご焼香をしていただくことも可能です。

一般的なお葬式なら「式場でお寺様にを30分から40分程の読経」を頂きますが、火葬だけする直葬プランは、式場などのお部屋のご用意がないプラン内容になるため、火葬場の霊安室で故人とのお別れのあと、火葬炉前でお寺様に読経をいただく形式にあります。

  • 直葬でもお寺様の読経は可能
  • 読経時間は5分から10分程度

炉前読経の御布施額について

弊社でお寺様をご紹介の場は「火葬炉前の読経料」として3万円の御布施が費用が必要となります。プラン内容に寺院読経は含まれていません。追加オプションになります。

檀家など当家様がお付き合いされているお寺様にお願いされる際は、ご住職に御布施の金額をお尋ね下さいませ。

  • ご紹介の場合は「読経料 3万円」
  • 菩提寺がある場合はご住職に確認ください

檀家・菩提寺に読経依頼する場合は注意が必要

お付き合いのあるお寺「菩提寺」に火葬炉前の読経をお願いする場合は菩提寺のお寺様に事前に火葬のみで葬儀を済ませたいとご相談されることをおすすめします。

直葬を考えておられる方で、ご自宅にお仏壇がありお付き合いしている寺院がある、またはお寺の中にお墓をもっている場合などは注意が必要です。

直葬は究極的に簡略化されたお葬式とお考え下さい。火葬のみで葬儀を済ませる内容のため、お寺様とお付き合いがある場合は、お葬式を終えてからの自宅へのお参り、納骨などもあとにに控えています。

本来なら、通夜・告別式などの儀式的なことをきちんとおこなうにこしたことはありません。直葬での葬儀をお考えの際、は事前にご住職にご相談のうえどのように葬式を行えば最善なのかご相談頂くことをおすすめ致します。

戒名の取り扱いにつて

よく火葬だけして欲しいので、お寺様からの読経や戒名は必要ないとおしゃられる方も少なくありません。

ご注意頂きたいのは、お仏壇がお有りの方は四十九日を迎えると、お仏壇にて故人の供養をおこないます。その際に「本位牌」を仏壇に納めますので戒名が必要となります。

またお墓をお持ちの方は、ご納骨の際に「墓石や霊標」などの戒名を刻んだり致しますので戒名が必要となります。

お寺様をとくに希望されない方、あとの自宅へのお参りなども希望されない方は、問題はないですが、菩提寺がある、お付き合いしているお寺がある、きちんとしたお墓に納骨を考えている場合は注意が必要です。

お付き合いしているお寺様にご相談のうえ、直葬形式で葬儀を行うのか決めることが大切です。

ご提案する葬儀プラン

葬儀なし火葬のみの「直葬プラン」でもお寺様にお経をあげていただくことが可能となります。火葬のみ済ませたい、ご事情で葬儀費用を抑えたい方に最適なプランになります。

大阪市民の方がご利用頂ける火葬場

大阪市民の方が「火葬料金10,000円」ご利用頂ける大阪市営斎場のご紹介です。5カ所からご希望の斎場をお選び下さいませ。弊社にて火葬予約をお取り致します。

夏季・冬期などの繁忙期には火葬場が混雑しますので、希望の日時の火葬予約の取得が困難な場合も少なくありませんので事前にお含みおきください。

直葬で利用できる大阪市営火葬場
  • 大阪市民が利用する斎場
  • 市内5カ所から選べます
  • 当日の火葬予約は不可
  • 火葬時間は約2時間20分

寺院手配もお任せください。

弊社では宗派に応じて適切な寺院をご紹介いたしますのでご安心ください。お家の宗派がわからい場合は、事前に本家、ご親戚様にご確認をお願い致します。

火葬時の読経をはじめ、戒名授与、また七日参り・満中陰法要(四十九日法要)などにも気軽に対応していただける寺院をご紹介させていただきます。

ご不明なことはお気軽にご相談ください。(24時間対応)



コロナ渦の状況を受け、急激に増加している「直葬・火葬式」ってどんな葬儀なのかご紹介します。
実際に火葬に必要な費用って幾ら必要なのか、また火葬費用の相場ってどれ位なのかご説明します。
大阪市内で直送葬儀で利用できる火葬場のご紹介します。
ご逝去から火葬が行われるまでの直葬での葬儀の流れをご紹介します。
葬優社の直葬・火葬式プランが他社よる優れている点、有利なポイントをご紹介します。
火葬だけする直葬プランでよくあるご質問を一覧にまとめました。
大阪市西成区の葬儀社「葬優社」
タイトルとURLをコピーしました